インテリジェントハブとは?小規模企業のネットワーク最適化にもおすすめ

A-1280×720-title-1225-03

インテリジェントハブは、現代のネットワーク技術において不可欠な要素であり、その多機能性と遠隔管理能力により、小規模企業から大企業まで幅広く利用されています。この記事では、インテリジェントハブの基本情報、その重要な機能、選び方、および市場の最新トレンドについて詳しく解説します。 

 

1280_720-introduction

インテリジェントハブとは

ユウキ
こんにちは、アヤカさん。さっきの会議で「インテリジェントハブ」という言葉が何度も出てきたのですが、さっぱり話についていけなかったんです。教えていただけませんか?

アヤカ
仕方ないわね、時間があるからいいわよ。インテリジェントハブは、SNMP(Simple Network Management Protocol)エージェント機能を持つ遠隔操作が可能なスイッチングハブね。セキュリティや通信環境を向上させるための機能が多く、遠隔で監視もできるから、企業での導入が進んでいるの。

ユウキ
すみません、カタカナが多くて聞き取れませんでした…。そもそも「ハブ」という言葉自体、沖縄の危険な蛇か、将棋の話題でしか聞いたことがないもので…。

アヤカ
いつも同僚と話すテンションで、ジャーゴンばかりの説明をしちゃったわ。よくない癖ね、ごめんなさい。じゃあ順を追って説明するよ。

ユウキ
(ジャーゴン・・・)お願いします!

ネットワークにおけるハブの重要な役割 

 ユウキ
そもそも、ハブの基本的な役割って何ですか?

アヤカ
ハブはね、ネットワークで通信を中継する機器よ。ネットワーク構造には複数の種類があって、ハブを中心に置いて複数の機器を繋いだネットワーク構造をスター型ネットワークと呼ぶの。ハブは特にスター型ネットワークでは中心に位置し、各機器への情報伝達を担っているわ。それぞれの機器に送るための情報はすべてハブを経由するから、ハブはまるで中間管理職のような役割を果たしていると言えるわね。

ユウキ
中間管理職か…、上司からも部下から来る情報をうまく処理しないといけないですね。僕には無理だ…。

ハブの種類とその特徴

ユウキ
でも、中間管理職にもいろんなタイプの人がいると思うのですが、ハブにはどんな種類がありますか?

アヤカ
ハブは「リピーターハブ」と「スイッチングハブ」に大きく分類できるわ。それぞれ情報の渡し方が異なるの。リピーターハブは受け取った情報を全ての機器に送るタイプね。それに対してスイッチングハブは、必要な機器にのみ情報を送ることができるの。

ユウキ
なるほど。会議の欠席者への連絡を全体のグループチャットで行うか、個別チャットで行うかの違い、みたいなイメージですね。

インテリジェントハブとスイッチングハブの違い

ユウキ
ハブの種類については分かったのですが、インテリジェントハブはどちらに属しているんですか?

アヤカ
インテリジェントハブはスイッチングハブのタイプね。SNMPに対応しているの。SNMPはネットワークの監視・管理を行うためのルールよ。インテリジェントハブはこのSNMPルールを用いて自身の状態を監視し、報告する機能を持っているの。つまり、スイッチングハブに運用管理機能が加わったものと考えるといいわ。ちなみに、SNMPに対応していないスイッチングハブを「ノンインテリジェントハブ(ダムハブ)」と呼ぶのよ。

インテリジェントハブを使うメリットは?

ユウキ
インテリジェントハブを使うメリットって具体的に何があるんですか?

アヤカ
インテリジェントハブの大きなメリットは、セキュリティ対策と管理の効率化ね。高度な機能が搭載されているから、セキュリティ面では格段に優れているわ。さらにリモートでの一括管理・監視が可能だから、通信の制御や整備がしやすくなるのよ。

ユウキ
つまり、より簡単に社内の通信を管理できるんですね。

アヤカ
その通りよ。インテリジェントハブは大企業だけでなく、中小企業にもおすすめね。特に情報システム部がオーバーワークや人手不足で悩んでいる場合、その効率化に一役買ってくれるはずよ。

 

インテリジェントハブの代表的な機能

2

ユウキ
アヤカさん、インテリジェントハブにはどのような機能があるんですか?

アヤカ
インテリジェントハブには多くの便利で安全な機能が備わっているわ。代表的なものをいくつか紹介するね。

VLAN(Virtual Local Area Network)

アヤカ
VLANは、ひとつのネットワークを仮想的に複数に分けたり、複数のネットワークをひとつに見せたりする技術よ。分けられたネットワーク同士では接続できないから、企業内でチームや部署ごとにネットワークを分けてアクセスしやすくしたり、セキュリティを高めたりすることができるの。

QoS(Quality of Service)

アヤカ
QoSは、データの通信順序や量を調整してネットワークを安定させる機能ね。重要な通信の遅れを防ぐために特定のデータ通信を優先させるのよ。

ループ検知機能

アヤカ
ループ検知機能はLANケーブルがループした状態でエラーが出た場合、どこでループが起こっているかを知らせてくれる機能よ。

ブロードキャストストーム制御(ループ防止)

アヤカ
ブロードキャストストーム制御は、ネットワーク上の全ホストに同時に送られるデータがループし、ネットワーク障害を引き起こす「ブロードキャストストーム」を防ぐ機能ね。

DHCPサーバー

アヤカ
DHCPサーバーは、IPアドレスなどのネットワーク利用に必要な情報を自動で端末に割り振る機能よ。これのおかげで、個々の端末でIPアドレスの設定をする必要がなくなるわ。ルーターにこの機能が備わっていることが多いけど、ハブにも搭載されている場合があるの。

IPルーティング

アヤカ
IPルーティングは情報を最適な経路で宛先に届ける機能ね。DHCPサーバーと同様、ルーターだけでなくハブにも搭載されていることがあるわ。

 

ユウキ
なるほど、こんなに多様な機能があるんですね。正直、覚えきれない…。

アヤカ
矢継ぎ早に喋っちゃってごめんなさい。この後話すけど、自分の会社にとって必要な機能を取り入れることが大切よ。

 

効果的なインテリジェントハブの選び方とそのポイント

3

ユウキ
なるほど、わかりました!では、インテリジェントハブを選ぶ際、どのような点に注目すれば良いですか?

アヤカ
インテリジェントハブを選ぶ際に重要な4つのポイントがあるわ。それぞれ説明するね。

ポート数

アヤカ
ハブに接続できる機器の数はポート数で決まるの。将来の拡張も考えて、少し多めのポート数を持つハブを選ぶといいわ。

ユウキ
中学校に入る時、後々身長が伸びるからって少し大きめの制服を買った思い出があります。企業も同じですね…。

通信速度

アヤカ
少し違う気もするけど…。次は通信速度ね。通信速度は情報が伝わる速さを意味するわ。ただし、ハブの通信速度が速くても、接続する通信機器が対応していなければ意味がないから注意が必要よ。現在は1000mbps(1000Base-T)が主流ね。

ユウキ
どれだけ良いスペックのPCを持っていても、新人の僕には使いこなせないのと同じだ!

アヤカ
そんな堂々と言うことじゃないよ!

ネットワークの輻輳とは?道路交通に例えながら基礎を理解

必要な機能

アヤカ
インテリジェントハブにはさまざまな機能があるから、自社に必要な機能がついているかを確認して選ぶといいわ。

ユウキ
先ほど教えてくれた機能ですね。QoSにループ検知機能…たくさんありましたね。

静音性・耐久性

アヤカ
狭い部屋で使う場合は静かなハブが望ましいし、多くの機器を接続すると熱がこもり通信効率が下がることもあるから、耐久性に優れたハブを選ぶのが良いわ。

ユウキ
これらのポイントを押さえておけば、自社に最適なハブを選べそうですね!

 

ネットワーク回線でお悩みの方へ

通信効率はハブだけではなく、様々な機器・環境が左右します。また、セキュリティ対策も欠かせません。自社の状況に応じたツール・サービスを検討しましょう。

「信頼性が高く、安全で、安定した通信が可能なネットワーク製品」をお探しならAruba Instant Onがおすすめです。Aruba Instant Onは、大企業や官公庁に多く採用されているHPE Aruba Networkingの中小規模向けネットワーク製品です。多種多様な業種・用途・規模に向けたアクセスポイント・L2スイッチをご用意しています。自動で最新のセキュリティにアップデートされる安心設計です。また、HPE Aruba Networkingのエンタープライズ製品の品質も受け継がれており、安定した通信を提供します。

さらに、高度なスキルを持ったネットワーク技術者も不要です。クラウドのネットワーク管理ツールで簡単にスマホやPCからセットアップ、管理できます。そして、多くの法人向けネットワーク製品のように、管理ツールの利用にサブスク費用はかかりません。リーズナブルにネットワーク管理ツールをご利用いただけます。

通信環境についてお悩みの場合は、ぜひお問い合わせください。御社のお悩みを解消いたします。

 

 

Recommendおすすめ記事

Aruba Instant Onアンケートキャンペーン

アンケートにご回答いただいた方の中から、毎月抽選で10名様に豪華ノベルティをプレゼントいたします!

CONTACT
お問い合わせ

BUY
HPE Networking Instant On 製品のご購入

Copyright © 2024 HPE Networking Instant On.